音に潜む魔法で

NEWSを好きでハッピー!

NEVERLANDは夢の国(NEVERLAND感想)

 

 

NEWSのニューアルバム「NEVERLAND 」が発売されましたね〜!

オリコン週間1位おめでとうございます!

そして、ファーストアルバムから9作連続全アーティスト歴代1位タイも嬉しい!!「イッテQ見ました!」より「NEWSのCD買いました!」って言ってくれる人を増やしたい!という手越くんの目標が達成できますようにと願っています…!NEWSにTEPPEN獲って欲しいんだ!!!!

 

 

 

さて突然ですが本題です!

 

 

NEVERLANDって夢の国みたいじゃありません???

 

(突然すぎる)

 

というわけで、 このアルバムの良さや楽曲の説明は既にNEWS担の皆さん、そしてメンバーである加藤さんが自ら沢山していらっしゃるので、私は各楽曲を某夢の国のアトラクションに例えて感想と共に書きます!超自己満ですし、初めて書いたのでお手柔らかにお願いします…!!

 

 

 

・ "The Entrance"

 

ようこそNEVERLANDへ

 

この台詞だけでもうNEVERLANDだし夢の国。

これは完全にランドのワールドバザール

開園して、キャストさんの「走らずお進みください」の言葉を無視して走ってファストパスを取りに行こうとワクワクしてる感(伝わる?)がある。

 

 

・NEVERLAND

 

これはあれです。

インディージョーンズカリブの海賊

正直ピーターパン空の旅みたいなのを想像してたけど違った。インディージョーンズとジャックスパロウがいた。

 

NEVERLANDと書いて夢と読ませるのとか

も〜そういうとこだよNEWS〜!!!好きすぎる〜〜!!!

 

「この世界は誰のもの?」

はい!手越様のものです!!!!って軽率に言いたくなるよね〜〜〜〜!!普段世界の果てまでイッテる人が、世界が誰のものか聞いてくるんだよ〜!?あなたのものです〜〜♡

 

吹奏楽部だったので、こういう曲すぐ楽器で吹きたくなっちゃう。スコアも考えたくなっちゃう。NEWS担で楽器吹ける方弾ける方集めて、演奏してみるのも楽しそうじゃないですか?!!

 

 

・アン・ドゥ・トロワ

 

これはキャッスルカルーセルです。

シンデレラがテーマのメリーゴーランド。「24時のベル」って言うぐらいだし。でもね?

…抱いてるのこれ。また抱いてるの。

軽やかに爽やかに抱いてるの。NEWSすぐ抱く。(∵)NEWSの良くないとこ出てる

 

「君とイきたい splashなshow time」って何?って質問は多分しちゃダメなやつ。

…シンデレラはそんなこと知りません!!めっ!!

 

サビ終わり手越さんの「アンドゥトロワなlove」がこの曲のキラキラ感を担ってる気がする。

そしてこの曲の浮遊感というかふわふわ感を担ってるのは増田さん。個人的に増田さんの歌声はホイップクリームみたいだと思っていて。見た目がふわっとしてて食べると甘くて口溶けが滑らか。…伝わってます??

こういう、いわゆるNEWSっぽい爽やかな曲調になるとより際立つホイップ増田。

 

そして加藤さんと小山さんによるファルセットの「アンドゥトロワ」も大好きです。

シゲと慶ちゃんがファルセットを歌うようになって、一気にNEWSが歌える楽曲の幅が広がった気がして嬉しい。きっとこれは2人の努力のおかげです。

 

 

・EMMA

 

これはビックサンダーマウンテン

さっきまで爽やかファンタジーな抱き方だったのに、急に「もうこれ以上愛せないほど傷付け合おう」としてるの。何があったの⁈このたった3分50秒の間に何が起こったの⁈出逢って傷付け合おうとするまでが速い!

あんなに並んだのに一瞬で終わるビックサンダーマウンテンみたい!(?)

お前は悪い女!ってなる!(???)

 

賛否両論あると思いますが、私は大好きです!振り付けにはビックリしたけどw

私が何より嬉しかったのは、この曲のために4人できちんとダンス練習をしたということ。正直、NEWSのダンスには不安要素が少なからずあったので、4人のダンスに対する意識を合わせることができたなら良かった〜と思ってます。この曲によって生まれた「手越くんが"顔見合わせて歌おう"と言ってきた小山くんの彼氏になる」というエピソードもまぁ〜〜可愛かったしね〜〜〜♡

 

NEVERLANDにどうやってEMMAを組み込むんだろう、少し浮いちゃわないかなって心配だったけど、世界観が壊れることなくしっかり馴染んでるな〜と思いました。ツアーでセットリストにどう組み込むのかも楽しみ!!

 

 

・"7elements "

これはパレード。何のパレードでもいい。

光を浴びながら、炎や水をモチーフにしたフロートに乗って、音に合わせて歌って踊ってる愛の魔法使いNEWS4人が眼に浮かぶ。(それもはやコンサートだな?)

なんならNEWSくん本当にディズニーでパレードしてほしい!

NEVERLANDがというよりNEWSくんの存在自体がディズニーだもんね???

ちょうどステラ・ルーも出て、ダッフィー、シェリーメイ、ジェラトーニでNEWSカラー揃っちゃったところですし!!NEWSをオフィシャルサポーターとかにどうですか!?ディズニーのお偉いさんどなたか!

 

 

 

・Brightest

 

これはスペースマウンテン

疾走感があってキラキラしてるところとか、サビのリズムパターンは分かりやすいんだけど、間奏の先の読めない感じとかが、真っ暗で何も見えないけど楽しいスペースマウンテンと重なる。

 

サビの後ろで鳴ってる音の重さに負けないような良い意味の軽さを出しているのは増田さんと加藤さんで、この曲のキラキラ感を増しているのは手越さんと小山さんの声かな〜と思います。

 

私にとって「NEWSにこういう曲歌って欲しかった!」が詰まってる曲でした。最高しか言えない。

 

 

・Silent Love

 

ここらでレストランで食事を摂りましょう←

(アトラクションに例えるの難しかった)

ほら…Silent Loveってフルコースじゃん??

聴き終わったときに最高すぎてめっちゃお腹いっぱいになるよね!!

NEWSの歌声のフルコースや!って私の中の彦摩呂も言ってるもん(?)

なんてったってNEWSの使い方が贅沢すぎる!

 

「首筋の跡が消えても 心の傷が覚えてる」

皆さんご存知、加藤さん始まりの曲は良曲です!加藤さんにこのフレーズ言わせた人天才だな⁈

 

「 きっときっとこれでよかった ずっとずっと恋のまま」

私、このアルバムの中の小山さんのパートの中で1番好きですここ。「恋のまま」の優しくて切ない歌い方にギューーーーンってなる。

 

「言えなくて言えなくて 好きだよなんて ただ抱きしめあった」

手越さんの歌声は失恋ソングがよく似合う。

そっか…言えないんだ…でも一回は抱いてるね…?っていう曲が割と多いのがNEWSの良いところですよね!!

 

day and night 思い出す2人のtime」「aha yeah」

ここのちょっと温度が低めで低音の増田さん控えめに言っても最高だけど、ちょっと増田さんのパート少なくない…?と思わせてからのカッコ良すぎるラップ!!!聴くたびに好きすぎて震える。

 

Snow Danceもそうだけど、歌割りを少し工夫するだけでこんなにもNEWSが歌える楽曲の幅が広がるんだな〜と思った曲でした。

 

NEWSの歌声のフルコースいかがでした?

お腹いっぱいになりました?なりましたね!!

 

 

・恋を知らない君へ

 

これはイッツアスモールワールドです。

親の休憩タイムの定番

大体の親御さんはこのアトラクションで寝ますよね?←

私の親は毎回ここで睡眠を取ってます(知らんがな)

この曲も、個性の強いアルバムの中で良い意味で一息つかせてくれる。

手越さんの「ああ あなただけは消えないで」が一気にあの夏に戻してくれる。

変ラボがあって、時をかける少女があって、24時間テレビがあって。とんでもない量の編集作業に追われて、レコーダーの調子が悪くなって、でもそんなことも幸せで、キラキラした2016年の夏。

 

そんな素敵な夏を思い出させてくれるNEWS史上最もエモーショナルな楽曲じゃないかなと思います。

 

イッツアスモールワールドは今はクローズ中でリニューアルします。つまり新しくなります。逆に言うと、過去のイッツアスモールワールドは二度と戻ってきません。

そしてNEWSの2016年夏も二度と戻ってきません。

 

でもきっと、イッツアスモールワールドは今度は休憩タイムにならないほど楽しくリニューアルすると思います。

NEWSにだって2016年の夏を超えるほどの夏がやってきます!(言霊)

 

さあそれを願って、次のアトラクションへ行きましょうか!

 

 

・"Neverland Cast Members"

 

これはキャラクターグリーティングです!

「ポテスターテム(動力)を司るシェリーメイ手越」

「テンクス(時空)を操るミニー小山」

「べルビス(言葉)を奏でるミッキー加藤」

「スペクタクルム(美観)を生み出すダッフィー増田」

 

これです。(違います)

 

 

・ミステリア

 

これはタワー・オブ・テラー

時は1912年のニューヨーク。1899年に起きたオーナーの謎の失踪事件以来、恐怖のホテルと呼ばれるようになった「タワー・オブ・テラー」。ニューヨーク市保存協会による見学ツアーに参加したゲストは、エレベーターで最上階へと向かうことに。身の毛もよだつ体験が待ち受けるとも知らず…。(ホームページより)

 

このアトラクション自体が、ホテルの見学ツアーっていう設定ですからね!!

「ツアーの客は一人だけ」…タワテラ一人で乗るのキツいな(そういう話じゃない)

 

「世界はこんなに美しい」

加藤さんにこのフレーズ言わせた人天才だな⁈(本日2回目)

 

増田さんの「踏み込んだら 最後なのよ」が本当に女性が歌ってるみたいでとても好き。

 

・BLACK FIRE

これはセンター・オブ・ジ・アースです!

これは単純にファイアーしてるアトラクションだから(雑になってきたぞ)

ジェットコースターで落ちる直前にモンスターが火を噴いてきます。

 

この曲はザ・テゴシゲの真骨頂!だなと。

加藤さんの「悪しき魂さえも今燃やせ」はもう言わずもがなです。好き!!去年は「燃え尽きるまで」今年は「燃やせ」…加藤さん燃やすの担当かな?

それから、手越さんがずっとやりたかったロックが、NEWSで出来て本当に良かったなぁと思っています。歌が上手すぎてちょっと笑った。あと、この曲の小山さんと増田さんの歌い方大好きです!!言いたいこといっぱいあってまとまらん!NEWSが好き!

 

ダンスナンバーというより、ヘドバンしてるイメージの曲なので、ライブでの演出がどうなるのか楽しみですね〜〜!!

 

 

・ORIHIME

 

これはモンスターズ・インク"ライド&ゴーシーク!"です。

ごめんなさい!これも単純にハイド&シークって歌詞があるからです!!

でも歌詞が、モンスターズインクの最後のサリーとブーがお別れするシーンぐらい切ない。

 

NEWS×星ソング=最強!この機会に「星の旅人たち」やりません??どう?お星様メドレー期待してるよ?

 

基本的に手越さんの優しい歌い方が好きなので、「願って」の歌い方が凄く好きです!

 

そして小山説と増田説があった「もういいかい?」のセリフ。私は小山リーダーだと思ってます。もう聴くたびにギャーギャー言ってる。好きすぎて。毎回ちゃんと新鮮なリアクションできる。ただ、これ言うタイミング凄く難しくない?

 

あと加藤さんがテゴマスの上ハモを担当しているところは、きっと加藤さんの自信になってるんじゃないかな〜と勝手に思って泣いた。

 

 

・流れ星

これはシンドバット・ストーリーブック・ヴォヤッジ!

前向きな感じだな〜と思って選びました!!←

数々のディズニー映画やミュージカルの作曲家、アラン・メンケンの壮大で力強い音楽と、優しさと勇気あふれる冒険の物語。さあ、船乗りシンドバッドと子トラのチャンドゥと一緒に新しい航海へ出発!“心のコンパス”を信じて、最高の宝物を見つけよう。(ホームページより)

こういう乗り物です。そんな感じでしょ?

実際にアトラクションには星がキラキラしてるところもあります。

 

そしてなぜシングルカットしなかった〜!!!??JE〜??!!って思わず言いたくなるようなNEWSっぽく爽やかな応援歌。

落ちサビの手越さんの歌い方が好きです!!!

 

・"The Grand Final"

遊び尽くしておみやげも買って、 出入り口に向かってる最中の切ない感じ。

帰りたくないぃぃぃぃ!!ってなるやつです。

 

ネバーランドの鍵、それはNEWSをずっと愛し続けてくれている、あなたの心です。」

もう…NEWSに愛されすぎて困っちゃう。改めて愛されていることを実感するグランドフィナーレになってるから余計に帰りたくなくなっちゃうじゃん!!!!くそー!!

 

 

・U R not alone

 

NEWSはグランドフィナーレを迎えても「一人じゃないよ」って言ってくれます。

 

これはあれです。シーを出る時に、最後に大っきい地球儀の前で写真撮るあれです。(アトラクションじゃねぇ)

夢の国から出なきゃいけない、夢から覚めなきゃいけないって思って急に切なくなるやつ。夜は特に綺麗だから余計に切ない。

ああNEVERLANDから出なきゃいけないの今から辛い。

 

「一切引かないし一切負けない」なんて言われたら泣く。NEWSの煽りでファンも大合唱してる絵がちゃんと浮かぶ。NEWSはもう前しか見てないんだなって思わせてくれた。

 

ただでさえキーが高いのに、大サビで転調して更に高くなるってNEWSのポテンシャルどうなってんの⁈

それから「加藤さん上 増田さん下、小山さん上 手越さん下」っていう歌割りも珍しくて、もう誰がどのパートでも全然大丈夫なんだなぁと嬉しくなりました。

 

 

・"To Be Continued…"

 

ネバーランドの旅は…ネバーランドツアーへ…つづく!

 

あぁ…夢の国から出てしまった…>_<

 

…でも大丈夫!NEWSを愛する心(鍵)があるから!って思わせてくれるNEWS最高じゃありません??NEVERLANDツアーが終わっても、また行きたいなぁって思っちゃうんでしょうね、きっと。

 

 

夢の国からは出てしまったので、ソロ曲は感想だけ。

 

・I'm coming

歌詞だけ見た印象は「え〜っ!すごいイけって言うじゃ〜ん!!!////フハハハハ…////」だったんですけど、ちゃんと聴いたら楽曲の良さにI'm comingしました////

…もうねカッコいい!!手越祐也の声の良さがきちんと出てる曲になってて安心した。一曲丸々ずーっとディストーションボイスだったら嫌だなと少し思ってたので。

 

今までのソロ曲は、ダンスソング→ギター持ってバンドスタイル→ピアノ弾き語り→アカペラ→自分の大好きなロック。

この順番も全部ファンの為。なんて優しい人なの…惚れてまうやろ〜〜!!!抱いてくれ〜〜!!!!

 

 

・ニャン太

想像よりもずっと爽やかで前向きな曲で安心しました。

 

小山さんはどこまでもどこまでも素直で優しい人。月曜日に「一緒に頑張ろうね」って言ってくれるのも、今回こうやってニャン太への気持ちを歌にしたのも、「一緒に」って共有してくれる優しさがあるからかなと思います。

 

小山くんってほんっとに優しい人なんだから。そういうところが好きなの!!!!!!!

 

 

・あやめ

第一印象 「すっっっっごいシゲ!」

タイトル見たときに、冗談で「誰よその女!!」って言いかけたけどしっかり加藤さん本人から「女性の名前じゃありません笑」とのお話がありましたね笑 ごめんね…笑

 

この楽曲を一言で言うと、このアルバムの中で最もピーターパンっぽい楽曲に送られる「最優秀ピーターパン賞受賞!!」って感じじゃないですか???

 

どうしたらあんな多忙の中、ここまでの良曲が作れるのか不思議でしょうがない。

 

 

・FOREVER MINE

山下達郎さんへのリスペクトが歌い方からビシビシ伝わってくる!!

 

も〜ヒルナンデスでどこよりも早く生歌披露しやがって〜!その生歌をあさこ姉さんと大久保姉さんと栞里ちゃんは冷静に聴いてたけど、私がその場にいたら泡吹いて倒れてたからね?そうやってサラッと生歌披露したりするからモテるんだからね!!…話逸れました。

 

私の大好きな、優しくて柔らかくてふわっとしてて甘くて口溶け滑らかなホイップ増田が一曲丸々堪能できる楽曲です!好き!!

 

 

 

ちなみに過去のアルバム曲、Greedierはマーメイドラグーン。これは抱いてる。

BYAKUYAはホーンテッドマンションカリブの海賊。これも抱いてる。

チュムチュムはアラビアンコースト。これもプラトニックを歌っているけどチュムはしてる。多分そのうち抱く。抱きすぎだよ←

 

思いつくNEWSの夢の国アトラクションソングはこれぐらいですかね〜!

 

書き終えて気づいたけど、これ夢の国に怒られない⁈大丈夫⁈NEVERLANDの魅力がすごいよ!って言いたいだけです!!

 

そして明々後日からいよいよツアーが始まりますね!どうかNEWSが思う通りのコンサートができますように。NEWSとNEWSを愛するみんなが幸せになれますように。素敵なデートにするぞ〜!!!

 

 

というわけで!

夢の国の行き帰りには是非NEVERLANDをお供に…!